top of page
  • 京都工芸繊維大学男子ラクロス部

'24キックオフブログ ーSTリーダー 佐倉 萌恵ー

今シーズン、スタッフリーダーを務めます新4回生の佐倉萌恵です。


日頃より、当部への暖かいご支援、ご声援をありがとうございます。OBGの皆様や大学関係者の皆様、他チームの方々や協会運営に関わる多くの皆様のご協力の元で、今日も活動を続けられていることに感謝し、一層励んでいこうと思います。


今回のブログでは私からチームへの想いを書かせて下さい。


いよいよ最後の年が始まります。

そして焦っています。

私は引退までの残り少ない時間の中で何をチームにのこせるだろうか、「のこす」だなんて自意識過剰かもしれないけど、私達幹部は今年チームを変革させるんだと決めました。


前シーズン、幹部としてやってみて想像以上に、分かっていたはずだけども荷が重かった、情けなかった、実際結果は着いて来なかった。今シーズンの方針を考え直す中で、前シーズンああしておけばよかった、もっとこうしておけばよかった、という後悔が山のように思い出されて立っていられなくなることがあります。


でも年が変わった今でも、私がここにいるのなぜか。このチームと、自分の可能性を信じているからなのだと思います。


私は後輩の皆がプレイヤーだろうがスタッフだろうが大好きです。普段の私を知っている皆からしたら嘘つくなって思うだろうけど、それはちょっと感情表現が苦手なだけです。勿論、人対人の関係だから無条件に皆に優しく出来るわけではない。だけど皆がこのチームをもっと誇れるようにしたい、皆が胸を張って京工繊ラクロス部を名乗れるようにしたい、そのためにこの1年間やり切ると誓います。もっとラクロスを、部活動を、仲間と過ごす時間を楽しんで欲しい。そのためにチームを強くしたいです。私の皆への思いをちょっとぐらい信じてくれたら、と思います。


同回の皆さんのことは、大好きとか甘えたこと言ってられる関係ではないけど、かけがえのない存在です。だから、お互いちょっとくらい嫌われても良いから厳しくいこう、私の心が折れそうになったら頭引っ叩いて再起動させて欲しいです。


私は私の胆力を信じているし、チーム皆の可能性を信じている。相手のことを信じなければ何も任せられないし何も期待出来ないし、相手のために何もアクションを起こせない。

チームを信じられなければ、チームは強くならない。とにかく信じ抜くことから始めてみる。


そして行動に起こす。

私が誰かに何か働きかけたとしたら、私が相手を期待しているから、信頼しているからです。

その存在がチームのためになると心から思っているからです。

暑苦しいと思わないで相手してやってください。


最後に、諦めない。

引退までに残されたかげがえない今日1日を、最後まで無駄にしない。この1日が積み重なって引退まで続いていくし、そこに勝利か敗北か、どちらかしか無いのだとずっと忘れないでいたいです。


感情そのままの拙い文章になってしまってごめんなさい。そして最後まで読んで頂いた皆様、ありがとうございます。


この先、皆様にもっと応援したいと思って頂けるようなチームになります。どうか、その時は私達に力を貸して頂けますと幸いです。







24STリーダー 佐倉萌恵






閲覧数:141回0件のコメント

最新記事

すべて表示
bottom of page