• 京都工芸繊維大学 男子ラクロス部

2021ブログリレー #42澤田洸毅



ブログリレー38人目を担当します1回生DFの澤田洸毅です。


僕は小さい頃からスポーツをしていたので、大学に入学してからもスポーツを続けたいと思っていました。そんな時にラクロス部の存在を知って、なんとなく楽しそうと感じて入部しました。


最初はわからないことばかりでしたが、先輩からの教えや同じ1回生との練習など周りの人達のおかげでわかっていくことが増えていきました。そこからラクロスの楽しさや難しさ、奥深さを知って、ラクロスにハマっていきました。


最近ではロングを持ち始めました。DFの戦術やロングの扱いなど難しいと感じることが多くありますが、その分新しく学ぶことも多いので充実していると感じます。自分の中でも何ができていなかったかを振り返ってどうすれば改善できるのかを考えて試していくことがとても楽しいと感じることができています。


今年のリーグ戦には同じ1回生が何人も出場していました。同じ1回生が活躍しているのを見ると負けていられないなと思うと共に自分も試合で活躍できるようになりたいと思っていました。


ありがたいことに、僕も先日の同志社戦にはショートDFとして試合に出場させていただきました。短い時間でしたがとても緊張しました。しかし、実際に試合に出ることで分かったこともあるのでとても良い経験になりました。


そんな中でも、リーグ戦に出場して自分の技術の無さを改めて実感しました。今までリーグ戦に出場していた1回生と比べて、できていないことがまだまだあってとても悔しいです。その悔しさをバネにして少しずつでも成長していけるように日々努力していきたいと思います。


入れ替え戦までもう残りわずかになってしまいました。今の体制がもう終わりに近づいているのを感じると寂しく思ってしまいます。やるべきことをやって悔いのない結果で終われるように残りの日々を過ごしていきたいです。


最後まで読んでいただきありがとうございました。

これからも応援よろしくお願いします。


45回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示