• 京都工芸繊維大学 男子ラクロス部

2021ブログリレー #32木下大暉




応用化学課程4回生の木下大暉です。ポジションはDFをしています。



今年のリーグ戦は例年とは違い人数が少なく、1,2回生も主力として出場してもらい部員全員で試合に臨んでいます。


先日のリーグ戦流通科学大学との試合は多くの応援の中13-0で勝利を収めることができました。


4Q終了のホイッスルがなり勝利が確定したとき,

言葉では表せないほどの嬉しさが溢れてきたのをいまでも覚えています。



自分にとって引退まで入れ替え戦を含め残り4試合です。


これからの試合、不安や緊張こそありますがそれ以上に楽しみでいっぱいです!


自分たち4回生の4年間の集大成がいよいよ発揮されるときが来たと思うとワクワクが止まりません。



DFでロングを持ち始めた時は、ロングに振り回されてばかりいました。


毎日先輩の後ろ姿を追い続け、同回ロングと切磋琢磨しながらここまで頑張ってきました。時には投げ出したい時だってあったと思います。


気が付いたら自分たちはもう後輩たちに追われている立場です。


そんな後輩たちにかっこ悪い姿なんか見せられません。


おそらく入れ替え戦の始まる前の円陣でヘッドコーチである秋本さんから「やるべきことはやったか?」と問われるでしょう。


それになんの迷いもなく全力で答えられるよう、

自分といままで一緒に練習してきた仲間を信じてこの最後のリーグ戦最後まで走り抜きます!


そして入れ替え戦で勝利しこのチームを2部までもっていきます!


 


次のブログは1.2回生リーダーのスカイこと、そうまです


彼はサマーの試合を終えて一言「悔しい」と綴っていました。その悔しさをバネに練習しとても成長したと思います。


先日のリーグ戦でも出場し得点まではいきませんでしたが、いいプレーをたくさん見せてくれました。


次のリーグ戦では1点でも得点して、あの笑顔で喜んでる姿を見せてくれ!




最後になりましたが、いつも応援してくださっている方々ありがとうございます。


皆様に勝利という形で恩返しできるよう頑張ります!

これからも応援よろしくお願い致します。


最後まで読んでくださりありがとうございました。







137回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示