top of page
  • null 京都工芸繊維大学 男子ラクロス部

引退ブログ ー山脇大輝ー

あっという間というのは


4回生MFの山脇大輝です。


初めにOB,OGの方々、ご家族、チーム関係者の方々、日頃から多大なるご声援、ご支援を頂きありがとうございます。お陰様でここまでくることができました。






さて、人間というものは簡単に言えば、楽しく中身のあることの方があっという間に過ぎ去ったように感じ、つまらなく生産性のないことほど長く感じるものであって。


もうすぐ引退ということで、ここではこの4年間の体感時間に焦点を当てて自分のこれまでを振り返ってみたいと思います。



思い返せば沢山の思い出がある一方で、一回生の期間はあっという間でとても短かったように感じます。


勧誘されるがままに入ったラクロス部で、今まで見たことも聞いたこともなかったスポーツを新たな仲間と共にひとつずつ取り組むことに夢中になっていたからでしょう。


ラクロスだけでなくプライベートで同回生とご飯を食べたり、遊びに行ったりすることも含めて充実していました。


まぁまとめると、ただただ楽しかったなぁって感じです。





そしてもう一つ、4回生の夏から今にかけて、本当に一瞬でした。


実力が足りていない部分が多いにも関わらず、モチベーションが上がらない時に、同回生と何度か話し合い、高いモチベーションのままここまで来ることができました。


どんな時でも気にかけてくれていた同回生には本当に感謝しています。


また、その間の期間、長く感じた期間、

もっとできることがあったであろうに、ただなんとなくで過ごしてしまっていた期間もありました。


本当に後悔しかありません。






最後に4年間を通して。


本当にあっという間でした。

これは4年を通してラクロスという競技、そしてこのラクロス部を楽しめた証拠ではないかと思います。


これはひとえに各学年で共に戦った先輩、後輩、同期、コーチ、保護者、挙げ出せばキリがない人たちの支えであると明確に言えます。


最初にも述べていたのに、くどいようで申し訳ありませんが、本当にありがとうございます。



先輩方、何度言っても直らない部分もあったと思いますが、根気強く何度も最後までラクロスのアドバイスをくださってありがとうございました。



同回生、モチベが低い時に自主練に誘ってくれたり、プレー動画を切り取って改善点を話してくれたり、長い時間話を聞いてくれたり、


一緒にいるだけで安心感を感じていました。

ここまで支えてくれてありがとう。







本当に、今のこのチームが好きだし、このチームで勝ちたい。

ヘッドコーチの秋本さんは入れ替え戦までに全ての選択でbetterを選択しろと言いました。


本当にbetterな選択を続けられたか、


自分たちで考えた価値のある行動を取り続ける、本当にできていたか、


当日問いかけられた時に自信を持って返事ができるようにリーグ戦開幕から過ごしてきました。


入れ替え戦、チーム全体で勝利して必ず2部に昇格します。


応援の程よろしくお願いします。






次のブログ担当者はゆーかです。

ゆーかはチーム1コミュニケーション力があって誰とでも話せるし話しかけやすいです。

それでいてチームスタッフ、チームの幹部、ラクロス審判、他の大学との連絡などなど、たくさんの仕事をこなしていて本当に尊敬しかないです。ありがとう。


ということで明日はそんなチーム想いでなんでもできるゆーかの番です。



閲覧数:145回0件のコメント

最新記事

すべて表示
bottom of page