• 京都工芸繊維大学 男子ラクロス部

引退ブログ -木下大暉



引退ブログトップバッターの木下大暉です。


正直いまだに引退という実感がないです。とか言って23日の試合が終わってワンワン泣いてたら笑ってあげてください。


このブログを書いてたら引退の実感がわくのではないかと思いながら引退ブログを綴っていこうと思います。





自分がラクロスを始めたきっかけのようなものは特になかった気がします。ただ友達が入ったから、体験会が楽しかったから、新歓PVがかっこよかったからそんな理由だった気がします。


そんな理由でラクロスを始めたぼくですが、ラクロスというスポーツに出会えて本当によかったと思っています。たくさんの素晴らしい仲間に出会うことができました。ラクロスに出会ったおかげで人生が変わったと言っても過言ではありません。




ここから軽く4年間を振り返らせてください。




毎日切磋琢磨し合い、時には喧嘩することもあった。特にマロとはよくぶつかってた気がするなあ。それをタケルさんとかタカユキが笑ってなだめる(笑)でもそんな毎日が楽しかった。それもあともう少しでできなくなると思うと本当にさみしい。


1回生のときは時間があればグラウンドで壁あて、授業をさぼってまでラクロスしてる由良みたいなやつがいた気がする。本当にラクロスが楽しくてクロスが体の一部になるくらい触ってたよな。


2回生になって先輩たちの練習についていくのが必至だった。時にはやめたいと思うこともあった。先輩方にもたくさん迷惑かけて申し訳ないと思っています。でもこの時期があったからこそ成長することができた。


3回生になったら新型コロナウイルスの影響でグラウンドでの活動がほとんどできなかった。そんな中開催された特別大会。初めてDFの主力として出場した。これが先輩たちとできる最後の試合だと思うと本当に緊張した。でもとてもいい経験になったと思う。



そして最上回、4回生になり、


いよいよ引退が近づいてきた。


新チームが始まり俺たちが掲げた目標は


「二部昇格」



このために1年間努力してきた。


この努力が実るかどうかは23日に決まる。そこに俺たちのすべてをぶつける。



プレイヤーのみんな、4年間一緒にラクロスをしてくれてありがとう。みんながいたからここまでラクロスを楽しむことができた。仲間としてまたライバルとしてお互いに刺激し合って高め合うことができた。ありがとう。


スタッフの2人にも本当に助けられた。プレイヤーのパフォーマンス向上のため工夫して頑張ってくれた。スタッフのサポートがなければここまで成長することはできなかったと思う。本当にありがとう。



最後の試合絶対勝って笑って終わろう。




後輩たちへ

まずは感謝をしたい。こんな新型コロナウイルスが蔓延する中最後までラクロスを続けてくれてありがとう。リーグ戦も人数が少ない中しんどい状況なのに折れずに走り続けてくれた。特に一回生には無理をさせたかもしれない。でもみんな期待に応えてくれた。本当にありがとう。


ぼくたちが引退したら次は3回生がチームを引っ張っていく番です。はじめはうまくいかないことだらけでしんどい時もあるかもしれない。それでもその壁を乗り越えてチームを成長させられると信じています。



最後まで読んでいただきありがとうございました。

23日の入れ替え戦応援よろしくお願いします!




134回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示