• 京都工芸繊維大学 男子ラクロス部

引退ブログ -奥野耀平



4回生MF兼FOの奥野です。


せっかく引退ブログを書くので、4年間を振り返りながら自分と向き合う機会にします。


1回生 先輩に連れて行ってもらったラーメン屋でたかゆきが入部を決めて、次の日に流れで入部した。

その日の夜はけっこう後悔した。

サマー、ウィンターが終わって友達が何人か辞めていき、下手でモチベーションも低かった僕は流れで辞めようかなって何度か考えてた。


2回生 上回練に参加するようになって練習がきつくなって、さらにモチベーションは下がり、練習でミスした後の寄りが遅かったり、声出さなかったり、たまに休んだり、松ヶ崎祭の片付けサボったり、他にも思い返すと同期や先輩、コーチ、後輩に謝らなければいけないことが山ほどある。そして後悔もたくさんある。


そんな自分がなんでここまでやり続けられたのか考えると、1番は自分の中に成長したい、試合で活躍したい、勝ちたい、という思いがあったからだと思う。


2回後半から3回後半まで、ちょっとずつ成長して試合に出して貰えるようになってから、試合が本当に楽しかった、そして心から練習も楽しめるようになった。


1.2回生のときは楽しめてなかった練習も、今日がおそらく最後の練習で、もうみんなで練習することがないと考えると本当に寂しい。

明後日入れ替え戦だけど、絶対勝って終わりたい。自分がした選択を正解にしたい。

試合後の打ち上げでみんなや自分ががどんな感じになるのか地味に楽しみ。


最後に

4年間一緒にラクロスをした仲間、

忙しい中色々教えてくれたコーチの方々、

なんの不自由もなく大学で部活をやらせてくれた家族

全員にほんとに心から感謝してます。

4年間ありがとうございました。


86回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示