• 京都工芸繊維大学 男子ラクロス部

2021ブログリレー #33田村聡朋

更新日:11月5日



ブログリレー24人目の、応用化学課程3回のゴーリー、田村聡明です。

リーグ戦2戦目、対合同戦において、1つ上のはるかさんが怪我により出場できない、という事態になり始めて1~4Q出させてもらいました。


結果としては惨敗で、自分の無力さに絶望しました。


試合前までずっと壁打ちしてきたパスも緊張や焦りでミスしまくり、止められるはずのショットも何本かありました。


そして対追手門では一切出場機会なく、負けてしまいました。


自分が試合に関われていない感じが悔しく、感じたことのない感情になりました。



自分は、小学校のころから色々なことに手を出してすべて中途半端にしてきました。


正直、1回生の頃はあまりラクロスに熱中できず、何度か退部も考えたこともありました。


2回生の時に初めて合宿に参加し、そこでラクロスに対する意識ががらりと変わりました。


これまで戦術をあまり理解せず、なんとなくやっていましたが、先輩の話を聞いているとラクロスのDFの戦術の奥深さに惹かれ、そこからコロナで部活が停止していた時もラクロスの動画をみて知識を貯めました。


ここまで熱中した競技は初めてで、勝ちたいという気持ちがここまで大きいのも初めてです。


練習もあと5回で入れ替え戦を迎えます。


自分が試合に関われるかは分かりませんが、最後に入れ替え戦で勝って、これまでの敗北もそのための敗北だったと言えるように頑張ります!



次のブログ担当は1回生ゴーリーの中島優人(ナカジ)です。


彼は声も体もでかいので一目見た時からゴーリーにしようと思っていました。


性格は明るく、マイペースかと思いきや、実際関わっていると思っている以上に彼は繊細で人一倍、責任感が強いと感じています。



ナカジ含め、1,2回生には先日の京都カップで久しぶりに最後まで熱くなる試合を見させてもらいました。


彼は大事な場面でセーブを連発し、自分もコーチとして入りながら来年への期待など色々な感情がわきました。


来年からも期待してるぞ、ナカジ。


ここまで読んでくださった方、ありがとうございました!


これからも京都工芸繊維大学男子ラクロス部の応援を、よろしくお願いします!



53回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示