top of page
  • 執筆者の写真null 京都工芸繊維大学 男子ラクロス部

ウィンターに向けて 〜1回AT土岐岳〜

一回生ATの土岐岳です。


はじめに、平素より京都工芸繊維大学男子ラクロス部を応援してくださっている保護者の皆様、関係者の皆様、本当にありがとうございます。


気がつけば入部から7ヶ月、あっと言う間だったなと感じています。日々ラクロスの事を考えて、挑戦し、反省し、また挑戦する。その楽しさを噛み締められる毎日に感謝したいと思います。


私のポジションはATです。ATの仕事、それは点を取ること。サマーまではこれだけに執着していました。しかし、持病でラクロスができなかった間、国内に限らず海外の試合を観ているとATは点を取るだけではない事に気が付きました。自分の脅威をみせて、あえて囮になったり、ピックをかけてMFにランニングスペースを空けたりなど、自分が仕掛けるべきタイミングを見極めることの大切さを学びました。ウィンターでは、点を取るだけでなく頭を使いゲームの起点となるプレイヤーとして注目して頂けたらなと思います。


さて、ウィンター大会についてですが、龍谷大学との合同チームで出場させていただきます。練習機会は単独チームに比べると少ないと思いますが、一回あたりの練習の密度はどのチームよりも濃かったものだと自負しております。教えて頂いたコーチの方々への感謝も含め、勝利を届けたいと思います。


次は、このブログリレーの大トリに相応しいDFゆうごです。彼とはいつも帰りの電車でラクロスだけでなくたわいもない話で盛り上がる最高の仲間です。どんなことを書いてくれるか楽しみです♪ご清覧いただきありがとうございました。


閲覧数:65回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comentários


bottom of page