2021 活動方針

いつも応援していただきありがとうございます。

主将の由良です。

更新が滞ってしまい、申し訳ございません。

2021年度の活動方針について説明させていただきたいと思います。

私たちは「我々はどのような集団か」「我々の目標は何か」

「目標を達成するためにどのようなラクロスを体現するか」

​「スローガン」の4つの問いを軸に今年の活動方針を決定しました。

「どのような集団か?」

・理想を目指して、試行錯誤することを楽しむ集団

・互いに感化しあい、高めあう集団

「目標」

・三部全勝打倒二部

・入れ替え戦勝利

 

「どのようなラクロスを体現するか?」

  • チームの求める最低限の技術を身に着けたうえで、個人の理想のプレーを共有する。

  • ラクロスIQの高いOF,DFを行う。

  • はオフボールの動きで相手を崩し、点を取る。

  • は敵味方の位置を把握し、局所的人数有利を作り、守り切る。

 

  工繊の「ラクロスIQ」とは?

    プレーの中で数的有利な状況を作るための知識力、把握力、選択力。

    知識力 :その状況に必要なプレーを知っている。 

            数的有利な状況を作るためのプレーを知っている。

    把握力:味方と相手の状況を把握する力

    選択力:状況に応じたプレーを選択する力

 

工繊の「チームの求める最低限の技術」

基本4動作(投げる、捕る、持つ、拾う)が連続的に行える。

      投げる     コンタクトのないかつ走っている状態で、左右両方のパスが10m以内なら確実にボックスに投げられる。

      捕る      コンタクトのないかつ走っている状態ボックスにきたボールなら確実に納めることが出来る。

      持つ      コンタクトのない状態では、確実にボールを保持することが出来る。

      拾う      コンタクトのない状態では、1回でボールを拾うことが出来る。

 

「スローガン」

  「考求」

  自分たちが思い描く理想を「求め」、それを「考え」続けるという意味を込めて。

以上が僕たちが今年掲げる方針になります。

​新型コロナウイルスによる活動の自粛に負けず、できることを模索し頑張りたいと思います。